2019年09月一覧

【5分で解説】sklearnで主成分分析(PCA)して次元削除!これでKaggleで100カラム以上あるデータも対処できる

Kaggleで300カラム(列)もあるデータを見つけた。こんなに列があるとデータの傾向を見たりするのが大変になります。そんなときに役立つのが、主成分分析(PCA)です。この記事では、sklearnのPCAライブラリーを使って主成分分析を使って次元削除する方法を解説します。

スポンサーリンク
PR




PR